血液検査オプション

※表示料金は税込みです。

腫瘍マーカーセット料金:12,100円

  主な対象疾患 内   容
PSA
(男性のみ対象)
前立腺癌 PSAは、体の中にもともと存在する成分で、健康な状態でも前立腺でつくられています。
しかし、前立腺癌があるとPSAの血液中の量が急激に増えてくるので、癌の早期発見に役立ちます。
CA125
(女性のみ対象)
卵巣癌など CA125は、主に卵巣癌、特に漿液性嚢胞腺癌で高い陽性率を示し臨床経過を良く反映することから、卵巣癌の腫瘍マーカーとして有用と考えられます。また、子宮体癌の進行例や再発例で高い陽性率を示すことが報告されています。
CA19-9 膵癌
胆嚢癌
胆管癌など
CA19-9は、正常組織中の唾液腺、胆管、気管支腺などに存在します。
消化管癌、特に膵・胆嚢・胆管癌において高い陽性率を示すことから、これらの癌の診断補助、治療経過及び再発のモニターとして有効です。
また、他の消化管癌、肺癌、乳癌等でも、陽性を示すことがあります。
CEA 消化器癌
乳癌
肺癌など
CEAは、消化管癌、乳癌、肺癌、膀胱癌、前立腺癌、卵巣癌などに高値を示し、広範囲な腫瘍マーカーとして広く利用されています。
AFP 肝細胞癌など AFPは、成人健常者では極めて微量しか存在しておらず、主に肝細胞癌で高い陽性率を示すことから、肝細胞癌の腫瘍マーカーとして利用されています。
SCC 肺・食道・咽喉頭部・
子宮頚部などの各種扁平上皮癌
SCCは、肺・子宮・食道・頭頚部領域・皮膚の扁平上皮癌で上昇します。

腫瘍マーカー単独

PSA単独(男性のみ)   2,750円

胃部関連検査

抗ヘリコバクター・ピロリIgG抗体 血液検査によりヘリコバクターピロリ菌に感染しているかどうかを調べる検査です。
ピロリ菌は胃癌の原因となることが知られており、ピロリ菌に感染している場合、除菌が勧められます。
2,750円
ペプシノゲン ペプシノゲンは胃粘膜の萎縮の程度をあらわします。萎縮が強いほど、胃癌のリスクが高くなります。 4,400円