緩和ケア

緩和ケアとは

重い病気を抱える患者やその家族一人一人の身体や心などの様々なつらさを和らげ、より豊かな人生を送ることが出来るように支えていくケアです。 当院の緩和ケアの対象患者さんは、がんに限らせて頂いております。 緩和ケアが主となったときには、あなたの生き方をお聞かせ下さい。それを目標に緩和ケアの治療を進めていきます。

外来について

受診のご相談は、まずがん相談支援センターへご連絡下さい。必要時には紹介状をご準備いただきます。なお、整形外科・泌尿器科・耳鼻咽喉科・皮膚科の緩和ケアに関しては、診療を制限させて頂いております。詳細につきましては、がん相談支援センターへご相談ください。

入院について

入院の条件
  • 緩和ケア病棟は、がんを治すための治療ではなく、「痛い」「苦しい」「気が晴れない」などの症状を緩和するための病棟です。入院するにあたって、いくつかの条件があります。
  • がんと診断されている方が中心となります。
  • 患者さんが入院を希望されている事が大切です。
  • 患者さんが病名や今の病状について理解されている事が大切です。
  • 入院後はがんを治す治療ではなく、苦痛を緩和するための対症療法や痛みをとるための放射線療法などとなり、積極的に行っていきます。免疫療法や民間療法についてはご相談ください。
  • 苦痛の緩和が図れた場合には、在宅療養や他病院や施設などでの療養環境を整えるように支援いたします。
  • 本人の負担になる検査や処置、蘇生術(延命処置)などは控えております。死は、自然の摂理と捉えます。
一日一日が少しでも良い日となるように支援させて頂きます。 あなたらしい人生となるよう支援させて頂きます。
病棟の特徴
  • 身体や心の苦痛を出来るだけ和らげる事を中心とした医療を提供します。 医師や看護師だけでなく、薬剤師、臨床心理士、理学療法士、作業療法士、管理栄養士などがチームとなり、専門的知識を出し合い患者さんやご家族を支えます。
  • 患者さんとご家族がより多くの時間を過ごせるように工夫しています。 病室にソファーベッドがあり、いつでも付添う事ができます。また、遠方の方がみえたときや複数で付添いを行いたい時には、家族室の利用が出来ます。病室や談話室にはキッチンがあり、ご家族の作った食事を患者さんに食べてもらう事が出来ます。身内の方なら面会時間の制限はありません。(小さなお子様やご高齢の方の時間外の面会はご相談ください)
  • 医師や看護師とじっくり話が出来ます。 周りに気を使わずに、落ち着いて話せる環境が整っています。
  • 季節を感じられるような環境作りを行っています。 入院しても、日常を忘れないように季節ごとのイベントを企画したり、飾り付けを行っています。
病棟のご案内
  • 病床数20床(全個室)
  • 無料個室10床、有料個室10床
  • 全室キッチン、洗面、トイレ付
  • 家族室(畳の部屋)1か所
  • 談話室2か所
  • 介助浴室、浴室(8階東病棟と共有)
  • ユニットバス1か所(家族使用可)
*費用について、ご心配な方はご相談下さい。 *介護疲れや、冠婚葬祭など、家族で介護が出来ないなどの理由がある時には、短期間限定で入院することができます。

緩和ケアチームのご案内

重い病気を抱える患者やその家族一人一人の身体や心などの様々なつらさを和らげ、より豊かな人生を送ることが出来るように支えていくケアを展開するために、多職種で構成されたチームです。 依頼を受けて、緩和ケアチームのメンバーがご本人またはご家族と面談、診察を行い、希望にそったケアの進め方を相談します。 主治医、看護師との関係は、今まで通り変わりありません。

病棟の看護師と緩和ケアチームが連携し、支援方法を考え実施いたします。

患者さんの身体のつらい症状への対応

痛み、息苦しさ、身の置き所のないだるさ、眠気、吐き気、しびれ、下痢、便秘・・など

患者さんの心のケア

不安、不眠、気分の落ち込み、やり場のない怒り、落ち着かない気持ち、いらだち、どうしてよいか分からない思い・・など

ご家族の悩みや社会生活を含めた様々な問題への支援

患者さんにどのように接してよいか分からない

患者に会うのがつらい、これからのことが不安でならない・・など

緩和ケアチームメンバーには、医師や看護師の他に、こころのケア専門である臨床心理士や、お薬に関する情報提供や提案を担当する薬剤師、お食事の工夫や相談を担当する管理栄養士、動きやすい方法を工夫するなどのリハビリを担当する理学療法士や作業療法士などが所属しています。

緩和ケア導入のタイミング

<今までのがん医療の考え方>

<現在のがん医療の考え方>