医師募集

平成31年度初期研修医募集要項

今年度の採用試験は終了いたしました。
応募資格平成31年3月医学部卒業見込み者(既卒者可)
採用人数4名
待遇常勤嘱託
基本給1年次 400,000円  2年次 450,000円
賞与1年次 300,000円  2年次 400,000円
当直月平均3回~4回程度 当直手当あり
時間外指導医が研修上必要と認めた場合手当あり
宿舎あり(当院指定宿舎の場合 自己負担上限3万円)
休日第2・4・5土曜日
日曜、祝日
年末年始(12月29日~1月3日)
創立記念日(7月1日)
休暇年次有給休暇 1年目10日、2年目11日
特別夏季休暇 3日間
医師賠償保険病院自体の加入:あり
健康管理健康診断は正規職員同様 メンタルサポート制度あり
研修医室あり
社会保険 雇用保険 厚生年金 年金基金 労災保険加入
日本赤十字社福利厚生制度(2年次より)
学会・研究会等出張あり(旅費支給)
アルバイトは一切認めない
応募方法採用試験申込書(PDF)、履歴書、卒業(見込)証明書、成績証明書
試験希望日の1週間前までに郵送またはご持参ください。
選考方法書類審査、面接、小論文
臨床研修マッチングに参加
選考日時

1回目 平成30年7月30日(月)14:00~  
2回目 平成30年8月3日(金)14:00~
3回目 平成30年8月17日(金) 14:00~ 
4回目 平成30年8月21日(火) 14:00~


多数の応募ありがとうございました。
開始時期平成31年4月1日
研修期間 2年間
応募連絡先人事課  担当:植木
<電話でお問い合わせの方>
0287-23-9946
<メールでお問い合わせの方>
jinjika@nasu.jrc.or.jp

研修医インタビュー

初期研修医(卒後1-2年)

病院の特徴
当院は、地域の急性期医療を担い、多くの臨床症例を経験できる病院です。とくに画像診断による疾患トリアージとInterventional Radiology(IVR)による治療では日本有数の施設として知られています。質の高い医療サービス、患者の立場に立った医療サービスを提供するため、医師、コメディカルが緊密に連携しチーム医療による協調性とプライマリケアの基礎を身に付けることができます。
プログラムの目的と特徴

救命救急センターを中心としたプライマリ・ケアの基礎臨床知識を学ぶこと、豊富な臨床症例をもとに迅速かつ適切な判断能力と診断能力を養えることを目標にします。1年目は、基礎臨床知識となる内科をまず6ヶ月、その後救命救急センターで基本的な救命救急を3ヶ月学び、最後の3ヶ月は選択科から選びます。2年目は地域医療1ヶ月、次に選択必修科目から2科目を4ヶ月学び、その後は選択科から選んで初期研修の総仕上げを行います。

那須赤十字病院初期臨床研修プログラム

1年次
  • 内科・・・6ヶ月
  • 救急・・・3ヶ月
  • 選択科・・・3ヶ月
2年次
  • 地域・・・1ヶ月
  • 外科・麻酔・小児・産婦・精神科から2科目・・・4ヶ月 ※2ヶ月連続でも1ヶ月・3ヶ月でも可
  • 選択科・・・7ヶ月
(ローテーションは順不同)
教育研修推進室責任者

阿久津 郁夫

修了医師

臨床研修指導医養成ワークショップ

内科阿久津 郁夫
佐藤 隆
福島 史哉
﨑尾 浩由
池野 義彦
景山 倫也
大口 真寿
田宮 千知
赤羽 正史
新井 由季
町田 安孝
小児科有阪 治
市川 剛
外科田村 光
小島 正夫
城戸 啓
青木 真彦
河島 俊文
五十嵐 高広
救急科救急部長谷川 伸之
眞田 千穂
呼吸器外科梅津 英央
整形外科吉田 祐文
形成外科高山 昌賢
脳神経外科佐藤 貴英
井端 由紀郎
産婦人科白石 悟
北岡 芳久
泌尿器科水野 智弥
眼科齋藤 実
麻酔科柿沼 宏幸
田中 禎一
救急科救急集中治療部林 堅二
木多 秀彰
研修協力施設
  • 獨協医科大学病院(臨床研修センター長 下田和孝)
  • 医療法人 大田原厚生会 室井病院(院長 室井 尚武)
  • 磯医院 (理事長 磯 政裕)
  • 小林内科外科医院 (院長 小林 伸久)
  • みずぬまクリニック (院長 水沼 裕光)
  • 三森医院 (院長 三森 薫)