心臓血管外科

心臓血管外科の外来診療予定表

診療

金曜日の午後に予約外来を行っています。

当科で扱う主な病気

当科で扱う主な病気について説明します。

1.解離性大動脈瘤

突然強い痛みが、胸部・背部に生じ、場合によってはショック状態になります。大動脈内壁が裂ける病気で動脈に沿って広がり、心臓の周囲に破裂したり、内臓の血管を閉塞したりすることがあります。心臓に近い場合は、緊急手術が必要です。

2.胸部大動脈瘤

腹部写真等で異常を指摘される場合が多く、通常は無症状です。胸部CTにて、動脈瘤の最大径が6cm以上、又は、痛みがあれば手術の適応になります。

3.腹部大動脈瘤

腹部に脈を打つしこりが触れるものです。通常、自覚症状はなく、切迫破裂等の時は痛みが腹部又は腰背部に来ます。CTにて、動脈瘤の最大径が5cm以上で手術を勧めます。

4.閉塞性動脈硬化症

動脈硬化によって動脈が狭くなり、閉塞する病気です。初期には、歩く力が衰えた様になります。薬による治療のほか、カテーテルによる治療、バイパス手術かを選択して治療します。

5.急性動脈閉塞症

急に手足が真っ白になり血が通わなくなるものです。急性閉塞は放置すれば壊死に陥ります。24時間以内であれば、手術で閉塞しているものを取り除いて救肢できます。

6.深部静脈血栓症

下肢が急に腫れて赤くなったときは、この病気を考えます。治療が早ければ下肢の腫脹もかなり軽減できます。怖い病気である肺梗塞の原因とも言われ、慎重な治療が必要です。

7.下肢静脈瘤

下肢の静脈が、腫脹し、むくみ、痒み、痛み、皮膚炎の原因となり、美容的にも気になる病気です。手術が必要なら紹介しています。

スタッフ紹介

飯島 善之(常勤) 役職 心臓血管外科部長 兼 第二救急部長
専門 心臓血管外科
博士号・認定医等医学博士
日本外科学会認定医
日本胸部外科学会認定医
身体障害者福祉法診断医
日本DMAT隊員(統括DMAT)
臨床研修指導医養成講習会終了