臨床工学技術課

当院の臨床工学技術課について

臨床工学技士という国家資格所有のスタッフ10名で構成され、24時間体制で勤務しております。私たちが患者さんと直接お話することは、透析室以外ほとんどありません。わたしたちは、主に生命維持装置の操作や保守点検を通じて、患者さんの診療に貢献する、いわば、医療機器のスペシャリストです。先進医療機器が欠かせない現代の医療では、医学と工学に精通した唯一の医療専門職として、その重要性がますます高まっています。近年では、操作や保守点検の対象が、人工呼吸器、麻酔器、補助循環装置、血液浄化装置、心臓ペースメーカー、保育器、除細動器、AEDなどの生命維持装置にとどまらず、手術室で患者さんを治療するための機器や、患者さんの心電図・血圧・酸素飽和度などを長時間記録・表示する生体情報モニター、さらには正確に点滴をするための輸液ポンプにまで広がっています。

当院では、いつでも安心して外来や病棟で医療機器を使用できるよう、医療機器中央管理室を設置し一元管理しております。また、患者さんが在宅で使用する医療機器の取り扱いについて、患者さん本人や家族の方に説明したり、より安全に医療機器を使用してもらうため、医師・看護師・その他の医療スタッフを対象に、医療機器の取り扱い研修会を開いたりしております。

私たちは医療機器を通じて患者さんをサポートし、入院・手術・治療、退院後の生活に至るまで、常に患者さんに安全で安心な医療が提供されるよう、スタッフ一同従事しております。